独立に向けた心構えとは

エンジニアとして働く以上は、心得ておくべき心構えがあります。
技術革新が早い業界とあって、開発現場で働ける期間は短いものです。
そのために自分の将来のキャリアプランは自分で立てる必要があります。
フリーランスとして独立するエンジニアが多いのも、そのキャリアを実現させるために必要と判断するためです。
会社に勤務する間にはなかなか思うようにスキルアップができないからですが、そのような中でSES契約による働き方を選ぶ人が増えています。

これは人材サービス会社に所属し、開発会社に常駐する形でプロジェクトに参加するものです。
フリーランスとは異なり会社に雇用されることで、生活が安定するのが特徴です。
さらに常駐先では様々なプロジェクトに参加することができるので、スキルアップの機会を与えられます。
その後独立し、自分が描くキャリアを目指すというわけです。
独立してフリーランスになった後も活躍していくために大切なことが人材サービスとフリーランスに記載されていましたので、参考程度に1度読んでみると良いかもしれません。

エンジニア業界では、プロジェクトを遂行するマネジャーのスキル向上が必要とされます。
けれども自社の人材育成にまで手が回らないというジレンマも抱えています。
そこで人材サービス会社がSES契約により人材を派遣し、そこで様々な業務に携わるようにすることで、管理能力を高めるようにするわけです。
このような働き方を通して、エンジニア自信が求められる能力を備えることを意識する必要があります。
管理者となれば現場での開発よりも長く業界に留まることができます。
つまり将来設計もできるということです。

WordPress theme: Kippis 1.15