SES契約を結んで働くことのデメリット

人材サービス会社を利用して派遣先で働くエンジニアがクライアントと結ぶ契約の1つにSES契約があります。
システムエンジニアリングサービスとも呼ばれ、エンジニア自身の能力を契約の対象としており、雇用した期間に対して報酬を支払う仕組みです。
対象となる物の完成を目的にしておらず、成果について責任が発生しないのが特徴で、作り上げた成果物に対して報酬を支払う請負契約とは大きく異なる契約です。

SES契約を結ぶメリットは、様々な案件に携わることができるので、自身のスキルアップにつながることが挙げられます。
また、派遣先の企業に正社員として採用されるので、雇用が安定していることも魅力です。

ただしデメリットとして、賃金が安いことが挙げられます。
雇用は安定しているものの、賃金は一般的な派遣社員と比較すると安いです。
また、案件によって勤務先は次々と変わっていくので、度重なる環境の変化にうまく適応できないと、大きなストレスを抱えることになってしまいます。

人材サービス会社を利用して、SES契約を結ぶのであれば、直請け案件の多い人材サービス会社を選ぶことがおすすめです。
直請け案件でない案件だと、賃金がより安くなってしまいます。
さらに、更新など契約に関する情報の確認にも時間がかかってしまうデメリットがあります。
また、契約期間満了後の確認が早くできる所を選ぶのが良いです。
契約を更新するか終了するか、確認できる時期は人材サービス会社の営業力によって左右されますし、早く確認できる方がエンジニアとしてもありがたいです。

WordPress theme: Kippis 1.15